本文へスキップ

事件の概要

はじめに

     第一審は裁判員裁判で開かれ、わずか6日間のスピード裁判で結審した。

事件の概要

     

 2010年3月1日夜、「帰宅したら妻と義母が死んでいた」と110番通報。午後9時半過ぎ、110番で駆け付けた警察官が、宮崎市花ケ島町の24歳主婦と、その母50歳女性が自宅で頭から血を流して死亡しているのを発見。生後6ヶ月の男児が行方不明に。

 翌2日、110番通報した男児の父親が事情聴取に対し、男児の遺体を捨てたことを認め、生後6ヶ月の男児の遺体を、自宅から約600メートル離れた資材置き場で発見。宮崎北署は父親の22歳会社員の男を死体遺棄容疑で逮捕した。

 3月23日、宮崎県警は、生後6ヶ月の長男を殺害したとして、22歳元会社員を殺人容疑で再逮捕。4月13日、県警捜査1課と宮崎北署は同居していた妻と義母を殺害したとして、22歳元会社員を殺人容疑で再逮捕した。

問われている罪

 刑法
(殺人)
第百九十九条 人を殺した者は、死刑又は無期若しくは五年以上の懲役に処する。

(死体損壊等)
第百九十条  死体、遺骨、遺髪または棺に納めてある物を損壊し、遺棄し、又は領得した者は、三年以下の懲役に処する。
罪 名   該 当 法  法 定 刑
 殺人罪  刑法第199条  死刑、無期、5年以上の懲役
 死体遺棄  刑法第190条  3年以下の懲役

時 系 列




 日 付  摘    要
 2010  3月1日 夜、「 帰宅したら妻と義母が死んでいた」と110番通報。午後9時半すぎ、110番で駆け付けた警察官が、宮崎市花ケ島町の24歳主婦と、その母50歳女性が自宅で頭から血を流して死亡しているのを発見。生後6ヶ月の男児が行方不明
   3月2日 ・ 110番通報した男児の父親が事情聴取に対して、男児の遺体を捨てたことを  認める
・生後6ヶ月の男児の遺体を、自宅から約600メートル離れた資材置き場で発見
・1日午後9時頃、自宅から約600メートル離れた資材置き場に長男の遺体を遺 棄したとして、宮崎北署は父親の22歳会社員を死体遺棄容疑で逮捕

   3月3日  宮崎北署は、死体遺棄容疑で22歳会社員を宮崎地検に送検
   3月23日  宮崎県警は生後6ヶ月の長男を殺害したとして22歳元会社員を殺人容疑で再逮捕
  4月13日  ・宮崎地検は、生後6ヶ月の長男に対する殺人、死体遺棄罪で22歳元会社員を起 訴
・県警捜査1課と宮崎北署は、同居していた妻と義母を殺害したとして22歳元会 社員を殺人容疑で再逮捕
   4月30日  宮崎地検は妻と義母に対する殺人罪で22歳元会社員を追起訴
   9月13日  公判前整理手続き 初公判を11月17日に指定(判決、12月7日)
   11月4日  公判前整理手続き 公判期日を決定 
証人尋問では、検察側は3人、弁護側は2人を証人として出廷させる方針
   11月17日  第一審 初公判
   11月25日  第一審 論告求刑公判 検察側は被告に対して死刑を求刑
   12月7日  第一審 判決公判宮崎地裁(高原正良裁判長)は被告に対して、求刑どおり死刑を言い渡し
   12月17日  弁護側は判決を不服として控訴
 2011  5月19日  控訴審 初公判
 2012  1月9日   控訴審 弁論
   3月22日   控訴審 判決 福岡高裁宮崎支部(榎本巧裁判長)は一審判決を支持し、弁護側の控訴を棄却
   4月5日  被告の弁護団が、求刑通り死刑とした1審判決を支持した福岡高裁宮崎支部判決を不服として上告
     
 2014 9月8日  東京地裁にて最終弁論
   10月16日  上告審判決 → 上告棄却
   10月26日  不服申し立て
     

今日の章寛さん

奥本章寛さんと被害者家族を支える会

〒828-0083
福岡県豊前市大字岩屋682